スポンサードリンク

ミドルアイアンのゴルフスイングを練習する

ショートアイアンで確実にグリーンを狙えるようになったら、ミドルアイアンのゴルフスイングの練習をしましょう。
ミドルアイアンのゴルフスイングを身につければ、番手どおりの飛距離、ロフト角どおりの球筋が得られるようになります。
ミドルアイアンでグリーンを狙えるようになれば、ゴルフがますます面白くなると言われています。
ミドルアイアンのゴルフスイングで大切なことの1つに、上下左右の打点のズレをなくすということがあります。
アイアンで番手どおりの球筋が得られないことの原因は「頭のずれ」にあるようです。
頭を上体の回転に合わせて、自然な状態で回転させることは構わないのですが、上下左右にずれてしまうと球筋は安定しません。
スイング中に頭の位置がずれてしまうと、ヘッド軌道の最下点、つまりインパクトのポイントがずれてしまいます。
それが「ダフリ」や「トップ」の原因になっているのです。
テークバックで頭が右にずれるとダウンスイングで上体が右にズレやすくなります。
逆に頭が左にずれるとフェースがかぶりやすくなり、球の弾道が低くなったり、「アウトサイドイン」の軌道で「カット打ち」になったりします。
「カット打ち」であれば球の弾道は高くなりますが距離は稼ぐことはできません。
アイアンのゴルフスイングでは頭がずれにくいアドレスで構えることが重要で、スクエアスタンスが基本になります。
スクエアスタンスとは目標となるラインに対して、両足が平行になるように構えるスタンスです。
この時、右足のつま先は、目標ラインに対して直角になるようにしましょう。

ミドルアイアンのゴルフスイングを練習するその2

高さがずれないようにするためには、テークバックからトップにかけて上体を回転させますが、この時も腰の高さを回転させることが大切です。
ゴルフスイングにおける上下のずれには大きく分けて2種類あると言われています。
ひとつはバックスイングで身体が沈みこんでしまい、ダウンスイングで伸び上がってしまう「ずれ」です。
もうひとつは、伸び上がったあとに沈み込んでしまう「ずれ」です。

前者のずれの原因は、バックスイング時にボールを見すぎることにあると言われています。
頭を動かしてはいけないという意識が強すぎるため、右肩が落ちてしまい、顔がボールに近づいてしまうのです。
頭はトップからダウンスイングにかけては動かさないほうがいいのですが、バックスイング時は無理に固定しなくてもいいでしょう。
高さを変えない限り、バックスイング時に頭が動くことは問題ないようです。

後者のずれを直すためには、バックスイング時に右足の内側に力を入れてみるといいかもれません。
右足の内側に力を入れることにより、アドレス時の位置と高さを変えずに腰を回転させることができるのです。
逆に言うと、腰の高さを変えずに上体をひねることができれば、トップでも右ひざの角度はアドレス時と同じものになっているのです。
ゴルフスイング中にどうしても腰の位置が変わってしまう人は、他の人にクラブのグリップエンドで腰を押してもらい、その高さを変えずにスイングする練習をしてみましょう。
スポンサードリンク