スポンサードリンク

ゴルフスイングのリズムをつくるカテゴリの記事一覧

ゴルフスイングのリズムをつくる

多くのゴフファーには「苦手なクラブ」というものがあります。
スプーン(3番ウッド)は上手に打てるけれどドライバーは打てない、ロングアイアンが打てないという人は多くいます。
どこに原因があるのでしょうか。
クラブによってゴルフスイングのリズムが変わってしまっていることも原因に1つであるといわれています。
スプーンは得意だけれどもドライバーは苦手、という人はスプーンでゴルフスイングのリズムを習得するという方法もあります。
ドライバーやロングアイアンで必要なリズムをスプーンで習得してしまうのです。

基本が完成されていないとリズムは上手に作れません。
リズムを上手に作るために、まず自分のグリップを確認してみてください。
右手をかぶせすぎていると余分な力が入ってしまいますので、右手はかぶせないで横から添えるような感じでグリップを握ります。
リズムを上手に作るためには身体の向きも大切になってきます。
右肩が前に出てしまうとトップの状態で左足に体重がかかってしまうことが多く、ダウンスイングの振りが一定しないことにつながります。
右手を「かぶさず」にグリップを握れば、右肩もまっすぐになりやすいはずです。
肩のラインを平行にして構える意識を持ちましょう。
このような構えをすると、右肩の位置が少し下がりますが、これが自然な構えとなります。

上手なリズム作りはテークバックの始動からはじまりますが、この時、ヘッドを低く引くことを心がけましょう。
始動時にヘッドを低くすれば、テンポは早くなりにくいと言われているからです。

ゴルフスイングのリズムをつくるその2

ゴルフスイングにおける上手なリズム作りで大切なことは、テークバックの始動時にあります。
ゴルフスイングを始める前に、まず上体をリラックスさせましょう。
両肩と両肘の力を抜き、クラブヘッドが始動する際には両腕と肩で三角形を作るイメージを持つことが大切です。
そしてクラブヘッドを低く引いていくのです。
低く引くとは、クラブヘッドのソールが地面をゆっくり滑るように引く、ということです。
この時、腕や手に力を利用するとヘッドが持ち上がってしまうため、リズムが崩れてしまいます。
テークバックは腕や手の動きを意識するのではなく、腰や肩をはじめとした上半身の動きを意識してみてください。
腰や肩を動かした時、頭の位置を固定しようとする意識が働くと上半身のスムーズな動きを妨げる結果につながります。
上半身の回転に合わせて、頭も自然に回転させましょう。

ゴルフスイングで大切なことは、腕や手の力に頼ることではなく、上体を一体化させて回転させて「ひねりの力」を利用することにあります。
そのためにはリズムよく、スムーズに上半身を回転させることにあります。
スムーズな回転とは、一定の速度で身体が回転することです。
テークバック時に身体が早く回転してしまったり、ダウンスイング時に身体が早く回転してしまったりする時は、スムーズに回転していない証拠です。
昔の人はゴルフスイングをする時、一定のリズムを得るために頭のなかで「チャーシューメン」と唱えていたといいます。
1度試してみてはどうでしょうか。
スポンサードリンク