スポンサードリンク

ショートアプローチでのゴルフスイング

グリーンまわりからのショートアプローチでは、ボールを転がすことが大切です。
しかし、ボールを転がすだけのゴルフスイングがなかなか上手にできません。
「トップ」や「ザックリ」となってしまい、なかなかピンにボールが寄ってくれません。
このようなゴルフスイングの原因はどこにあるのでしょうか。

まず、グリップを確認してください。
10ヤードから20ヤードを飛ばすだけであるのに、250ヤードを飛ばすドライバーと同じグリップにしていないでしょうか。
ショートアプローチでドライバーと同じように左手を被せて握ると「トップ」や「ザックリ」の原因になります。

ショートアプローチでは手の甲を目標に向けるようにグリップを握るといいでしょう。
両手を身体の前で合わせて、そのままの形でクラブを短めに持つのです。

まっすぐにボールを転がすためにはパターが最適であることは明らかです。
しかし、ボールからグリーンエッジまで数ヤード残している場合、5番アイアンや7番アイアンをパターのように打ってもいいでしょう。
この時に大切なことはグリップをパターと同じように握る、ということです。
左手首はフェース面と同じように目標に対してスクエアにセットしましょう。
左手とフェース面を一体化させることで手首がロールすることを防ぎます。
その結果、パターのようにストレートな軌道でクラブヘッドを動かすことが可能となるのです。

アプローチはパターと同じように打つと易しいと言われています。
しかし、シャンクやダフリに悩まされている人も多くいます。
こんな時はまず、グリップを確認してみましょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/11691621

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク